私が派遣社員として働く事にしたのは、選択肢がそれしかないという単純な理由からでした。
派遣で働くようになったきっかけ

私が派遣社員として働く事にしたのは / 63歳 男性

私が派遣社員として働く事にしたのは、選択肢がそれしかないという単純な理由からでした。

上京し大学を卒業するまでの間、金銭面を中心に、両親には世話になりきりでした。
卒業後は正社員として働き始め、その恩を少しずつ返していこうと思っていたのですが、見事にその予定が崩れてしまい、これ以上迷惑を掛ける事ができなかったのです。
仮に就職浪人をするにしても、これ以上の仕送りは遠慮しなければならない、生活費は自分で稼がなければと決断しますと、たとえ正社員でなくても働くしかありません。そこで少しでも安定した収入を見込める派遣社員の道を選びました。

派遣社員に対するイメージ、勝手な思い込みがあったのですが、働き始めてみますと、そのイメージは大きく違っていました。
アルバイトの延長のような感覚でいたのですが、割り当てられた仕事について、しっかりと責任を取らされますし、簡単に休むというわけにもいきませんでした。

それでも生活を成立させる為には仕方ない事と歯を食いしばって働き、何とか休日をやり繰りして、その限られた時間で就職活動をするという生活は、はっきり言って二度と味わいたくないと思えるほど辛いものでした。

しかし、あの時の苦労した経験が、それ以降の粘り強さに繋がっていると思われ、今はようやく、待望の正社員として充実した毎日を過ごしています。

Copyright (C)2017派遣で働くようになったきっかけ.All rights reserved.